切り花を長持ちさせるには

アジサイ

茎に工夫をしましょう

アジサイの切り花を長く楽しむための工夫の一つとなるのが、茎に工夫をするということです。どのような工夫を行うのかというと、茎の中にある綿を取り出してしまうということです。この綿を取ることによって、アジサイは水を吸収しやすくなるのです。

切ったら水につける

アジサイの切り花をイキイキと保つためにお勧めな方法が、アジサイを切った後に、すぐ水に付けてやるということです。アジサイの茎を斜めにカットしたら、水を入れたバケツなどにしばらく浸しておくと良いのです。

切った部分を焼いてしまう

切ったアジサイを長持ちさせる方法としてあまり知られていないものが、切った部分を炙るという方法になります。切った部分が黒く見えるまで焼くようにしましょう。炙ることによって水を吸収する助けとなるのです。

アジサイの気になる疑問について

アジサイは株分けをすることができる?

アジサイは結論から言うと、株分けをすることができません。アジサイを増やしていくには挿し木を行う必要があるでしょう。挿し木を行うことができるのは夏~秋となります。

花壇で育てるコツとは?

花壇を利用してアジサイを育てたいという場合には育て方に気を付ける必要があるのでしょう。水を十分に蓄えることができる花壇であるのかを確認する必要があるのです。アジサイは水を絶やしてあげないように注意する必要がありますから、花壇はなるべく35cm以上の深いものであることが望ましいでしょう。

室内でも育てることができますか

アジサイは日向で育てるのが望ましい植物となっています。しかしアジサイの種類によっては、室内で育てるのに向いているような場合もあるでしょう。室内で育てるような場合には、剪定などを行って大きくなりすぎないように注意する必要があります。

アジサイに毒があると聞いたのですが?

アジサイには、毒が含まれているような品種も存在しているものです。中には毒の含まれていないアジサイもあるのですが、アジサイを口にすることは非常に危険であると認識しておくべきでしょう。

初心者ですが鉢と地植えどちらがお勧めですか?

初心者の場合ですとアジサイの土の管理を簡単に行うことができる、鉢を利用した育て方をお勧めします。鉢で育てる際には鉢の底に軽石などを敷き詰めて、環境を整えてあげると良いでしょう。

アジサイの育て方に関する情報

アジサイ

切り花を長持ちさせるには

アジサイの切り花を長持ちさせるには、ちょっとした工夫を行う必要があります。例えば茎の内部にある綿を取り出してあげると良いでしょう。

READ MORE
ジョウロ

害虫について

アジサイにとっては害虫被害を最小限に抑えてあげることが非常に大切となります。ここではアジサイに悪影響を及ぼす害虫についてご紹介していきます。

READ MORE
紫陽花

アジサイを育てるポイント

アジサイを育てたいという方は、どのようなことに気を付けたらよいのか気になっているという方も多いのではないでしょうか。ここではアジサイを育てる時に大切となるポイントを紹介しています。

READ MORE
庭

苗を選ぶ方法

アジサイを育てていく時には、苗をきちんと選ぶことも大切になります。苗を選ぶような時には、なるべく丈夫で元気なものを選ぶことが重要となるのです。

READ MORE
広告募集中